レーザ変位センサの主な種類について教えてください

レーザ変位センサの主な種類について教えてください

レーザ変位センサには、反射型と透過型の2種類があります。
変位センサは特定の1軸方向に対して物がどの程度移動したかを測定するものであり、センサそのものも非接触型と接触型があり形状も様々です。
用途に応じて選ぶ必要があり、複数の箇所を同時に計測したい場合はセンサそのものも向きに設定する必要がありますし、計測する対象物が回転をする場合は変位センサでは回転量を算出することはできません。
カメラが内臓されている反射型の場合、エリアの中であれば高さを判別することができ、目的のポイントの高さをレーザーにて判別することができます。
部品の浮きなどの高さを判別することができますし、金属部品の光沢によるハレーションの検出も可能です。
透過型はより高精度な判別をすることができ、フィルムの異品種判別やチップの傾き、キャップの浮きの検知や透明ガラスのエッジ検出及び位置決めなど様々なことができます。
それぞれ特徴があるためどのタイプを選ぶかは検出する内容や形状、表面に着目する必要があります。

透過型変位センサの特徴と使用する際のポイントとは

透過型レーザ変位センサは、発光する側と受光する側のヘッドでベルト状のレーザー光を平行照射して、そこを通過する対象物をレーザー光の透過量の変化で検知する仕組みです。
対象物のエッジや隙間だけでなく内径や外径を非接触で検知できるので、対象物の材質を選びませんし、表面に傷がついたり破損したりする恐れがありません。
ベルト状に平行照射するレーザーの幅は、アプリケーションによって使い分けできます。
またセンサヘッドを複数設置すれば、多様なアプリケーションに対応可能です。
透過型変位センサで棒状や円柱状外径を検知する際には、対象物の長さに対してベルト状のレーザー光が垂直になるように設置することが大切です。
レーザーのベルトの角度に狂いがあると、検知した外径に誤差が生じる可能性があります。
さらに周囲の機械の振動などで光軸がずれてしまわないように設置することが大切です。
エラーを避けるためには光軸の定期的な確認を怠らないようにしましょう。

変位センサに関する情報サイト
レーザ変位センサの豆知識

このサイトでは、現代の医学や工業分野で欠かすことが出来ないレーザー装置の基本を見ていきます。一言にレーザーと言っても色んなものが存在をしています。使用する際は必ず適切な出力を保ちながら用いるのですが、その計算をおこなうときは変位センサで数値を確認するのが基本です。われわれの生活に身近に存在している装置であり、その概要を知っていても損はしません。豆知識で覚えておくと、使うシーンがあってもすぐに対応ができます。

Search